What' new

What's new

実践桜会関西支部より 「梶井基次郎と“神隠し”の京都」展と座談会に参加しました。


実践女子学園創立120周年(1899年創立)・実践女子大学文学部国文学科創設100周年(1920年創立)、丸善150周年(1869年創業)の記念展として、11月23日から12月7日まで「檸檬」の舞台となった京都 丸善京都本店での展覧会があり、11月23日の開幕式には実践女子大学の卒業生ということで急遽参加させて頂きました。

最新記事

  • eyecatch

    2019/12/15
    2019年度 実践キャリアネット第1回セミナーのご報告


    今年度第1回のセミナーは2019年11月16日(土)に開催いたしました。今回は大学国際交流課との初の共催で「謙遜の美徳は本当に美徳か~米大学での教師生活を振り返って~Part 1」 と題し、本学英文科卒業生で元コロラド州立大学、教養学部言語・文学・文化科日本語専任講師の 中野眞佐子氏にお願いしました。

  • eyecatch

    2020/1/1
    新年のご挨拶


    新年明けましておめでとうございます。
    旧年中のご支援、ご協力ありがとうございます。
    2020年(令和2年)も実践桜会をよろしくお願い申し上げます。


    一般社団法人教育文化振興実践桜会
    理事長  鈴掛 まゆみ

  • eyecatch

    2019/12/15
    「一葉祭記念講演」のご報告


    台東区立一葉記念館にて11月23日(土)に行われた「一葉祭」に本年も8名が参加致しました。
    一葉記念館は、実践女子大学『文芸資料研究所』と相互連携の協定があり、毎年「一葉祭」の講演会に国文科会も参加させて頂いております。
    今年は生憎の雨模様の寒い日となりましたが、会場入り口で温かい甘酒のおもてなしを頂戴して、ゆっくりと樋口一葉の世界を楽しませていただきました。

    第一部は一葉研究の第一人者 木村真佐幸氏の講演、第二部は女優の水谷八重子氏による朗読が行われました。

    明治という時代、一瞬に駆け抜けたかのような一葉の姿を講演や演劇の視点を通して、改めて垣間見た一日でした

  • もっと読む

  • もっと読む