支援事業

国際交流基金事業について

一般社団法人教育文化振興実践桜会 国際交流基金

当基金は、実践桜会会員 故・西山美穂子様 (昭和3年英文卒) のご芳志に基づいて設立されました。学園創立者・下田歌子先生が明治時代に早くも中国から女子留学生を多数受け入れられましたが、その先見性に習い諸外国からの留学生ならびに学園から海外に留学を希望する学生のための奨学資金を助成することを目的としております。また、平成16年度から、故・成田廸子先生からのご芳志も基金の一部に加えられております。

これを機会に、実践女子大学・大学院・実践女子短期大学の卒業生が海外に留学する場合にも適用されるようになりました。

基金事業は平成6年4月1日に施行され、下記の趣旨で運用されております。

  1. 女性の生涯教育の助成
  2. 諸外国との国際交流の促進

給付応募について

平成29年度国際交流基金奨学金給付生の応募書類提出期間は、終了しました。