実践桜会について >実践桜会の歴史

実践桜会の歴史(創設~平成)

西暦
和暦
名称 代表者 同窓会の記事
1882年 明治15年


私立下田学校創立
1899年 明治32年
帝国婦人協会私立実践女学校・女子工芸学校・実践女学校付属慈善女学校・実践女子商業学校が開校。
創設者 下田歌子が初代校長となる。
西暦
和暦
名称 代表者 同窓会の記事
1901年 明治34年





同窓会が発足し、下田歌子校長が初代会長に就任
1902年 明治35年
3「同窓会会則」を制定
1905年 明治38年



4第1回同窓会開催、同窓会の名称を(桜同窓会)と定める
1916年 大正5年
7校友会誌「呉竹」と一本化して、交友会誌「な よ竹」創刊号を発行
1917年 大正6年
3「桜同窓会会則」を制定(校長を会長と定め、 学校組織の一部となる。会費は入会金の3円のみ)
1921年 大正10年 桜同窓会館「桜倶楽部」木造モルタル三階建て、ホール、小部屋、料理教室等)竣工
1922年 大正11年
10母校拡張後援会の設立に参加し、桜倶楽部を その事務室とした
1927年 昭和2年
11学友会・嚶鳴会(職員からなる)・桜同窓会 合同で、陞勲記念館建設に協力
1930年 昭和5年
11 学友会主催による第1回運動会が開催、桜同窓会も参加
1931年 昭和6年
1「桜同窓会会則」を改定(入会金5円となる)


夏期講座を企画主催。文学(日本文学の出発・紫式部日記)、割烹、洋裁、手芸、礼法、薙刀、整容(毛髪・服装・美容・運動法)等の講 座を開講。卒業生や他校出身者が多数参加した
1932年 昭和7年 学友会・嚶鳴会・桜 同窓会合同で、下田先生喜寿記念碑を校庭北側に建設
1936年 昭和11年 22・26事件により総会中止
108日下田歌子氏逝去
1937年 昭和12年

寿
3第2代桜同窓会会長に平尾寿子氏が就任(~昭 和20年)
会費10円に改訂
1940年 昭和15年 同窓会支部11支部となる。
1941年 昭和16年
3戦況悪化により、学友会および桜同窓会会誌 「那与竹」は第27号をもって中断
5平尾寿子会長が、実践女子専門学校・高等女学 校・第二高等女学校校長に就任(~昭和20年)
1945年 昭和20年 5戦禍により校舎全焼。桜倶楽部も消失




11藤井甚太郎三校校長が第3代桜同窓会会長に 就任(~昭和24年)
1946年 昭和21年 10戦後初めての総会を開催
1948年 昭和23年 有志によって実践女子学園維持会が結成、桜同窓会館建設計画が具体化され、資金募集を開始
1949年 昭和24年 2桜同窓会館第1期 工事が完了



5宇野哲人専門学校校長・実践女子大学学長が第 4代桜同窓会会長に就任(~昭和29年)
1950年 昭和25年
12桜同窓会誌「那与竹」が復刊、
第28号を刊行
1952年 昭和27年


3桜同窓会は学園より自立、委員会の互選により 田村糸子氏が初代(通算第5代)会長に選出され就任(~昭和29年逝去)
1953年 昭和28年 11桜同窓会館(木造2階建て)完成
1954年 昭和29年


7第2代(通算第6代)桜同窓会長に中野清子氏 が選出され就任。名簿発行、会館に於ける各種事業(宿泊・募金・相談・衣類の仕立てと更生・物品販売)を開始
1955年 昭和30年
9香雪神社跡に香雪記念館が落成され、同窓会クラス会の場所ともなる。設備品代として 520万円贈呈
1956年 昭和31年 「桜同窓会会則」改正(入会金200円・終身会費1000円・5月第4日曜日を総会日と定める。)
1957年 昭和32年 「桜同窓会支部規定」制定。全国16支部となる。
会館増築
1959年 昭和34年
5学園創立60周年記念事業として、母校にグラ ンドピアノと育英資金50万円を贈呈。
1960年 昭和35年 12社団法人設立準備のための臨時総会を開催
1961年 昭和36年






8桜同窓会は社団組織となって、学園から独立
1962年 昭和37年 5桜同窓会60周年祝賀総会を開催
1963年 昭和38年
8桜同窓会館設立募金運動が具体化する(募金期 間1年・会員一人2口、1口千円・目標額2千万)
1964年 昭和39年

5第3代(通算第7代)社団法人桜同窓会理事長 に、松山 柳氏が選出され、就任
7ティールーム営業を開始(於:渋谷大学キャ ンパス第8館1階ホール)
8桜同窓会館(鉄筋コンクリート4階建て)が 竣工
9桜同窓会館落成披露
1965年 昭和40年
10故下田歌子先生30年祭を母校香雪記念館に て開催。また桜同窓会館で記念講演会も開催
1966年
昭和41年
5「社団法人桜同窓会定款」を改定(入会金 500円・終身会費2500円)
会館建築の借入金1000万円を完済
1967年 昭和42年
3200万円を寄贈して、母校の大学院生を対象 とした「下田歌子賞」を設定、10月に第1回の授与を行う
5下田先生胸像建立募金を開始
1969年 昭和44年
5母校創立70周年記念事業として、「学祖下田 先生胸像」(ブロンズ像・本郷新 作)と記念映画」1本を寄贈。
また日本武道館で開催された創立70周年記念式典の費用1555万4千円のうち210万円を負担する。
1971年 昭和46年
5桜同窓会70周年記念総会を開催。全国26支 部となる。
1973年 昭和48年 「社団法人桜同窓会定款」を改定(入会金1000円・終身会員3000円)
下田歌子賞を廃止して、母校校舎建設資金として500万円を寄贈
1976年 昭和51年
4大学渋谷キャンパス記念館地下ホールに、桜同 窓会食堂を開設
母校創立80周年記念事業募金を開始
1980年 昭和55年




5第4代(通算第9代)桜同窓会理事長に、戸野 原須賀子氏が選出され就任
ティールームと食堂を開設、入会金を10000円とした。
1981年 昭和56年
10同窓会創立80周年。会館2階ホールにて 「学祖を偲ぶ懇談会」を開催
1983年 昭和58年 5「社団法人桜同窓会細則」を改定、「運営規程を」制定
5「母校創立90周年記念事業のための募金を開始
5「同窓会誌「那与竹」第46号刊行。以後、毎 年の発行となる。
1984年 昭和59年


5第5代(通算9代)桜同窓会理事長に、馬場八 巻氏が選出され、就任
1986年 昭和61年


5第6代(通算第10代)理事長に、金子京子氏 が選出され就任
10「学祖下田歌子逝去50年祭」を母校と協賛 で開催(於:渋谷講堂)
1987年 昭和62年
7母校の大学図書館内に同窓生の文庫(向田邦子 文庫)が開設
1989年 平成元年 5母校創立90周年記念事業に募金1億円を寄贈
12「社団法人桜同窓会定款」を改定(入会金 10000円・年会費2000円・終身会費制度を廃止)
1990年 平成2年


5第7代(通算11代)桜同窓会理事長に徳高宮 子氏が選出され、就任
1991年 平成3年
5「桜奨学育英基金規定」を廃止。「桜同窓会奨 学金規定」を制定し、奨学金給付制度を設けた。
同窓会支部30となる。
1993年 平成5年
3大学・短大を対象に、「桜同窓会入会予納金制 度」を開設
5中山和代氏(昭和33年高卒)の寄贈により 「故中山和代留学生奨学基金」を設置。
中国上海から高等学校に留学生1名を受け入れた。以後毎年の継続事業となる。
1994年 平成6年



5第8代(通算第12代)桜同窓会理事長に、篠 田俊子氏が選出され、就任
10「桜同窓会国際交流基金」が発足(基金 5000万円)。基金寄贈者西山美穂子氏の意向により、東アジアを対象とする女性の留学・交流を目的とする公益事業として朝日新聞に掲載され、給付生の公 募を開始
1995年 平成7年
2阪神淡路大震災義援金100万円を読売新聞社 に寄託
9「なよたけ情報版」創刊号を発行(年会費納入 会員にのみ郵送)
10母校の中学運動会・高校球技大会に、「桜同 窓会杯」を作成し贈呈
公益事業として、「第1回国際交流奨学金」を給付助成(中国留学の日本人学生3名)。以後恒例の事業として毎年実施
1996年 平成8年 6埼玉支部設立
9閣議決定「公益法人の設立認可及び指導監督基 準」通達。
これにより11年9月19日までに同基準に適合するよう全公益法人に求められ、文部省の指導により、定款や事業形態の見 直し作業が進められた
1997年 平成9年 8群馬支部が設立
1998年 平成10年
4「学園創立100周年記念事業募金」を開始。 同窓会関係の募金目標額は1億円、また「母校創立100周年祝賀会」の主催が決定し、準備委員会を発足 させた
5「社会活動助成金」制度を設置
1999年 平成11年
5「母校創立100周年を祝う会」(於帝国ホテ ル)・「記念祝賀会」(於:大学桜ホール)を主催
11「社団法人桜同窓会定款」を改定。「同 細 則」を制定
2000年 平成12年 3桜同窓会募金協力総額1億821万円を達成
2000年 平成12年












4「社団法人桜同窓会」から「社団法人教育文化 振興実践桜会」へと名称変更。支部総数36となる。
2000年 平成12年


5第9代(通算第13代)実践桜会理事長に飯塚 幸子氏が選出され、就任
2001年 平成13年
2大学生活文化学科と「実践桜会100周年記念 源氏ワールドフォーラム」を共催
3実践桜会ネットワークサービスを開始
4飯塚幸子理事長(昭和24年専被)が、実践女 子大学・短期大学学長に就任
5実践桜会100周年記念総会を開催(於:京王 プラザホテル)
渡辺貞江氏(大英28卒)編集「実践桜会100年のあゆみ」を刊行
11岡山支部が開設(全37支部)
2002年 平成14年 3渡辺貞江編「実践桜会101年のあゆみ」を刊行
2002年 平成14年



5第10代(通算第14代)実践桜会理事長に、 若松幸子氏が選出され就任
10「なよたけ情報版」第8号より、全面カラー 印刷とした。
2003 年 平成15年
4 「那与竹」第66号より、全面カラー印刷とした。
10石川支部が開設(全38支部)
11千葉支部が開設(全39支部)
2004年 平成16年 2「実践キャリアネット」が誕生し、第1回総会を開催
3母校渋谷校地改築整備事業募金を開始
4松田由起子氏(昭和45年大国・同49年院 文卒)が実践女子中学校・高等学校校長に就任
5戸野原須賀子氏(昭和11年専技卒)が「学祖 下田歌子生誕150年記念式典」にて学園より功労感謝状を授与された。
6故実践女子大学名誉教授成田迪子氏(昭和28 年大英卒)より遺言贈与。「国際文化交流資金」とした。
12学祖生誕150年記念事業として、「同窓会 のあゆみ」2枚組CD)作成・頒布
2005年
平成17年
会員名簿データの再整備を行う
3北京支部が開設 (全40支部)
3実践女子学園中学校・高等学校に学祖生誕 150年を記念して桃夭館が建設され、実践桜会は新講堂に緞帳を寄贈した。
2006年 平成18年 3ホームページをリニューアル
2007年 平成19年
10松田由起子校長(昭和45年大国・同49年 院文卒)指導のもと第100回大運動会が実践女子中学校において開催された。
2008年 平成20年


5第11代(通算第15代)実践桜会理事長に鍜 島康子氏(実践女子大学名誉教授)が選出され、就任。
8「実践桜会と新公益法人制度を考える会」を発足
2009年 平成21年
12飯塚幸子元理事長(前実践女子大学・短期大 学学長)をお招きして学園創立110周年記念講演会「第1回下田歌子先生を顕彰するー実践女学校創設の背景と女子教育への貢献―」を開催
2010年 平成22年 3実践桜会建設委員会発足
4生涯学習活動「囲碁教室」開室
7飯塚幸子前理事長叙勲記念講演会、祝賀会を開 催。
(「瑞宝中綬賞」)受賞を記念して「第2回下田歌子を顕彰する『実践女学校設立の決意』」を講演)
10講演会「第3回下田歌子を 顕彰する」開催
講師:大関啓子文学部英文学科教授
2011年 平成23年



















4「社団法人」から「一般社団法人」へと移行し て、名称を「一般社団法人教育文化振興実践桜会」に変更、「定款」も改定
4那与竹第74号(実践女子学園同窓会創設 110周年記念特集号)から、三つ折り封入を止め、宛名台紙に会費の振込票を印刷した。
5実践女子学園同窓会創設110周年記念総会・ 祝賀会開催」(於:セルリアンタワー東急ホテル)
実践桜会奨学基金の特別枠として3月11日の東日本大震災の被災学生に30万円を拠出することを決定。
また被災7支部にはお見舞い金をさし上げた。
6公益目的財産額の確定を内閣府に提出。今後、 公益目的支出計画の実施完了を受けるまで毎年報告書を提出する。
7実践桜会新会館建設工事着工
12講演会「第4回下田歌子先生を顕彰する」 開催
講師:大井美代子実践女子大学図書館司書
12新会館完成
2012年
平成24年
1新会館の鍵引渡し
新会館(鉄筋コンクリート 2階建て)竣工披露
4公式ホームページの容量アップ完了








5第12代(通算第16代)実践桜会理事長に浦 上淳子氏が選出され、就任
7羽山昭子(昭34大英卒)ご遺族(理想科学工 業(株)社長羽山氏他)と学園の仲介、後に学園で「羽山昇、昭子奨学金」を制定
理事長、常任理事による代議員制についての検討開始
2013年
平成25年
1第1回「祝・成人の会」を実践女子学園と実践桜 会の共催で開催
6秋田瑞枝弁護士(同窓生)を顧問弁護士に招聘 し、法律相談を事業部で開設
10学祖祭にて献香実施
10秋季運営委員会で代議員制について浦上理事 長より正会員に説明
4「那与竹」を実践女子学園の「桜むすび」と同 梱 発送を依頼し、発送開始
12臨時総会で定時総会の議決権を代議員制に改 正する件を承認
2014年
平成26年
2実践女子学園創立120周年記念館(渋谷校) の竣工式・祝賀会参列
2島根支部開設
5定時総会(役員改選)
代議員制の承認、代議員制に伴う定款改訂の承認
5代議員選出委員会の発足
10代議員選挙を「なよたけ情報版第20号」 に公示
10学祖祭に実香会によるお供え香を実施
11福岡支部再活動
12臨時総会を中止
2015年
平成27年
4「那与竹第78号」に代議員名簿を掲載
5代議員制による定時総会の開催、定款変更
5法務省に書類を提出
5高知支部開設
5ゆうちょダイレクトによる振込み開始
8桜同窓会元理事長戸野原須賀子様100歳のお祝い開催
11実践桜会全国交流会「岩村の旅」の開催
現地にて下田歌子研究所所長・湯浅茂雄氏(国文学科教授)による講演会開 催。 各支部より100名を超える参加者と共に墓参をし、下田歌子先生ゆかりの地を巡る旅を開催
2016年
平成28年
2「生活文化科会」が発足(科会発足は50年ぶり)
3実践女子学園創立120周年記念整備事業 第3館(日野校)竣工 式・祝賀会参列
4春季運営委員会を中止





5第13代(通算第17代)実践桜会理事長に鈴掛まゆみ氏が選出され、就任
6小田原支部実り会の名称を「神奈川支部」に変更、発会式開催
6埼玉支部第20回記念総会開催、「埼玉支部 20年のあゆみ」発刊
10「なよたけ情報版No22」発行
2017
平成29年
4「那与竹第80号」発行、代議員名を掲載
7桜会バス旅行「足利学校に下田歌子先生の足跡をたずねて」
9「戸野原須賀子様を偲ぶ会」開催
(4/29・101歳にてご逝去
第4代(通算第8代)桜同窓会理事長
昭和11年実践女子専門学校技芸科卒後、母校でも教鞭をとる)
10「なよたけ情報版No23」発行
2018
平成30年
2故戸野原須賀子氏より実践桜会にご遺贈金
3技芸科会(中岡久恵科会長) 活動終了
4「那与竹第81号」発行
5定時総会にて平成30年度・31年度の役員改選。
鈴掛まゆみ理事長再任
6千葉支部15周年にあたり名称を「千葉県支部」に変更
6福島県支部「25年のあゆみ」発刊
8代議員制に伴い、業務運営規程と理事会確認事項を制定(内規・細則を廃止)
10「なよたけ情報版No24」発行